快乐时时彩

応用分野
 光は特定の波長とエネルギーを持つ電磁波である。光硬化は、液体化学物質が光を当てることによって重合反応や同士の架橋により硬さが生じる。熱硬化と比べ、光硬化は硬化時間の短縮、無加熱、無溶剤、高効率、省エネまたは自動操作が可能などの複数のメリットを持っている。光硬化は環境負荷低減が可能な技術として、塗料、インキ、印刷、光学材料、電子機器、ディスク、光ファイバーなど幅広い分野に使用され、応用市場価値は120億ドルと言われる。
フォトリソグラフィ技術
フォトリソグラフィは感光性の物質を塗布した物質の表面を、パターン状に露光することで、露光された部分と露光されていない部分からなるパターンを生成する技術。フォトレジストは光に反応してエッチングに耐える性能を持つ、ポリマー感光剤溶剤を主成分とする液状の化学薬剤です。1959年に発明されて以来、微細パターンを加工するため最も肝心材料として、色んな分野に使われている。
The composition of photoresist
フォトレジストは、主に光重合開始剤、感光剤樹脂、モノマーを構成したが、専用化学品原料も必要とする。画像層を形成することができる物質として、用途、露光光源、反応原理、材料への溶解性、アンチエイジング、感光性、耐熱性などへの要求も異なる。また微細パターンを加工するため、原材料の高純度及び低雑質と金属イオン量が要求されます。種類に関しては反応原理により、ポジ型とネガ型に分けたが、化学構成によると、光重合型、光分解型、光交聯型に分ける。この数十年間、フォトレジストの応用分野の拡大と共に、より多くの種類のフォトレジストが生み出された。使い道により、露光源、反応原理、製造工芸、成膜特性、加工パターン精度などへの要求が異なって、フォトレジスト用原料には異なる化学構成と性能を求める。
当社のフォトレジスト専用化学品の紹介
光重合開始剤はフォトレジストの最も肝心な組成成分として、紫外線や電子線などの照射により組成物の物性に変化を与えます。発生する活性種によって、ラジカル重合開始剤とカチオン重合開始剤に2つのグループに分ける。広く用いられているラジカル重合開始剤は吸収ピークと光源の発光波長がマッチングしていて、モノマーやオリゴマーへの溶解性が高いと言われる。
光増感剤は光化学反応において基質以外の物質で初めに光を吸収して励起され,その励起エネルギーをエネルギー移動や電子移動で基質に渡すことによって基質の反応を起こさせる。光増感剤はフォトレジストに使われている。
光酸発生剤はカチオン重合開始剤に似ったが、カチオン部分には金属や燐など含まれず、光を照射されることにより酸を発生する化合物であり、最先端の化学増幅型レジストに実用化されている。
フォトレジスト用樹脂は、レジストの特性を左右する重要な役割を担うベースとして使用されている。そのレジストの特性が具体的には硬さ、柔軟性、付着力、露光前後溶剤との相性または光学性能、アンチエイジング、耐熱性など。
光刻胶应用分类
应用产品介绍
 

天天彩票drbekam.com版权所有 2018 TRONLY. ALL RIGHTS RESERVED
お問い合わせ 強力について 製品情報 採用情報 ニュースリリース 投資家情報
友情链接:J8彩票网站  天天彩票  天天彩票  98彩票网  广发彩票  博乐彩票网  

免责声明: 本站资料及图片来源互联网文章,本网不承担任何由内容信息所引起的争议和法律责任。所有作品版权归原创作者所有,与本站立场无关,如用户分享不慎侵犯了您的权益,请联系我们告知,我们将做删除处理!